一重・二重の方必見!!メイクでかわいく見せる方法とポイント

一重のアイメイクをよりかわいく見せる方法は??

一重の人のアイメイクについて紹介したいと思います。一重の人というのはまぶたが薄くて重い印象になると思いますからコンセプトとしてはクールビューティーな感じでアイメイクをするといいと思います。アイラインは、太めに際に入れるようにして、ライン的には長めに入れるのがいいと思います。アイシャドウの色選びも重要になってくるのですが、一重瞼の人というのは暖色系の色を選ぶと腫れぼったい印象になりますから腫れぼったくならないように基本的には寒色の色合いを選び、すっきりとさせるのがいいと思います。
そして一重のアイメイクのポイントとしては二色でグラデーションにしてアイシャドウを入れて行くといいと思います。そうすることでより一重瞼がぱっちりとした印象になるので効果的です。目を開けた時に少しだけ見える程度の濃い目のアイシャドウを乗せて二色のグラデーションで仕上げるといいと思います。
一重まぶたの人はメイクの仕上げのますからは、ボリュームというよりも長さを重視しましょう。長く見せた方が効果的に目をぱっちりと見せることができます。ビューラーでまずはしっかり目にまつげをカールさせてから、ボリュームタイプではなくてロングタイプのマスカラを使います。
つける際は目尻に重点を置いてたっぷり目につけることで切れ長で大きな目になりますから目元の印象がずいぶん変わってきます。マスカラではなくて付けまつげをつけるという方法もあります。

奥二重のアイメイクをよりかわいく見せる方法は??

奥二重の人のアイメイクの方法を紹介したいと思います。より効果的に目をぱっちりとさせるアイメイクです。まずアイライナーを使うときにはリキッドタイプを選びましょう。リキッドタイプはメイク初心者にとっては少し難しい印象を受けるかもしれませんが、アイライナーのリキッドタイプを使って、まつげとまつ毛の隙間を埋めていきます。このときは丁寧に埋めていき、少し太めにアイラインが作れてもいいでしょう。そして上まぶた以外にも下のまぶたにもアイラインを入れるのがいいのですが、下まぶたにアイラインを入れる場合には今度はペンシルタイプを使うのがいいでしょう。
そして奥二重のアイメイクのアイシャドウは暖色系を選ばずに寒色系を選ぶようにしましょう。どうしても奥二重の人というのは腫れぼったい印象になりがちですから寒色系ですっきりさせる必要があるのです。そして立体感を出して印象付けるためにアイシャドウは二色で行います。
濃い目の色を目を開けた時に見える部分の太さくらいに目の際に塗って、明るめのシャドウをアイホール全体にのせていきます。
奥二重の人のマスカラですが、奥二重の人は、ボリュームアップもしながらロングにできるものを選びます。ロング&ボリュームタイプのマスカラを選ぶようにしましょう。そして上まつげ以外にも下まつげにもしっかりと丁寧に塗って行って下は広がるような感じで見せると目がかなり大きくはっきりといた印象に仕上がります。

結婚式のメイクのポイントは??

結婚式に呼ばれたときのメイクについてはマナーを守った方がいいですね。主役はあくまでも花嫁さんです。しかしお呼ばれした人も少しでも綺麗にメイクをして華を添えたいと思っていると思います。しかしやり過ぎてはほかの人にも迷惑がかかってしまいますし、何より新郎新婦にも迷惑がかかりますからメイクのやり過ぎには注意をしましょう。
メイクのポイントとしては結婚式に呼ばれたら、まずは控えめな中にも華やかさがあるクールビューティーな感じがいいでしょう。そして結婚式は朝から始まって、披露宴、二次会、三次会と1日中出席していなければいけないこともあります。化粧の崩れが気になる人も多いですから結婚式のお呼ばれメイクはリキッドファンデーションを塗ってしっかりと化粧崩れを防ぐことが大切です。そのためにはリキッドファンデーションを塗ってから余計なファンデーションを取り除けるようにスポンジなどで叩き込むことが大切です。こうしておくだけで、リキッドファンデーションが肌に吸着して化粧崩れを防いでくれます。
特に良く動かす目の周り、小鼻の周りや口の周りなどには念いりに叩き込むといいでしょう。
自分にあったメイクの方法を選んでそれをいかに華やかに見せるのかということに注意しながら結婚式のお呼ばれメイクをするといいでしょう。どぎつくなりすぎないように、わきまえて自然な感じでメイクをしてヘアもそれに合わせて抑えめな感じで花嫁を引き立てるようなヘアメイクがいいでしょう。

メイクを落とす時のポイントは??

メイクをするのには時間をかけるという人も、意外にメイクを落とす時には時間をかけないという人も多いと思います。メイクをしたときと同じくらい時間をかけてメイクを落とすというのがポイントになってきます。メイクを落とす場合に間違った落とし方をすると肌が傷つけられてしまいます。正しい方法としてはメイクはごしごしこすったりしないでなじませるようにメイク落としを肌につけて丁寧におとしていきましょう。
メイクを落とすときにはメイク落とし専用のクレンジング剤が必要です。クレンジング剤にはいろいろと種類があって、水性のものもあれば油性のものもありますし、またオイルのオイルタイプもあれば、クリーム、ジェルタイプのものなど色々とあります。クレンジングでしっかりと丁寧に落としたいと思っているのであれば、クリームタイプを使うのが一番といわれています。
メイク落としのクレンジングを手のひらでまずは温めてから使いましょう。そしてしっかりと肌になじませてメイクを浮かせる感じで洗ってから、洗い流します。それで終了する人も中にはいるのですがそれから洗顔料で綺麗に汚れまで落とします。
メイクの中にはウォータープルーフますからなどを使ってしっかりとアイメイクをしている人もいると思うのですが、その場合には普通のクレンジングでは落ちにくいと思います。そういった場合にはアイメイク用のメイク落としも販売されていますからそちらを使うようにするといいでしょう。

メイクの口紅の選び方は??

メイクで口紅の塗り方については先ほど紹介しましたが、重要なのは口紅の色の選び方です。口紅の色の選び方次第でずいぶん違ってきます。口紅はメイクをした最後の仕上げですから、他のメイクの色合いやその日に着ている服とのコーディネートも考えたうえで自分に合った色を選ぶ必要があります。
口紅は自分に合ったものを選ぶのがいいので自分の好きな色と合う色というのは違っていますからその点は注意した方がいいですね。赤い色が強いと顔の血色がよく見えるのですが薄い色の口紅を選んでしまうと顔の血色が悪く見えるので注意しましょう。
また口紅は年齢やその日の洋服のコーディネートも踏まえて選ばなくてはいけません。年甲斐もなく明るい色を付けているとその部分だけメイクが浮いた印象になりますし、逆に若いのに薄い色や暗い色の口紅をつけていると老けた印象になるので注意しましょう。
普段使っている日常的にメイクをする際の色はベージュ系がいいと思いますし、パーティーやイベントなどの場合には赤系の色がいいでしょう。可愛い印象に仕上げたいと思っている場合にはピンク系といったように臨機応変にPTOに合わせて口紅は選ぶのがいいでしょう。
メイクの仕上げにグロスを重ねて塗ればかなり質感的に艶が出て女性らしさが出ますし、色味も変わってきていいと思います。
実際に自分で購入する前に合うか合わないかをよく考えたうえで選ぶというのが一番いい選び方ですね。

最新登録サイト表示

# サイト名 PR リンク

TOP紹介サイト

# サイト名 PR リンク

登録フォーム

ページランク7以上の方が申し込みできます。

下記リンクタグを掲載後にお申し込みください。

<a href="http://www..com/" target="_blank">●</a>

サイト名と紹介文
( 30 文字以内 )

タグ [ < ,> ] は使用不可。 編集・削除機能はありませんので慎重に!
登録ページURL
末尾が 「 / 」 のURLしか登録できません。